Home > Itagaki's > 我が原点

我が原点

2010.11.11

みなさん、こんにちは。
Valhallaの板垣です。

 実は今年の春、ひとつの夢がかないました。
 私が子供のころから夢中になった漫画やアニメーション、すなわち『銀河鉄道999』、『宇宙海賊キャプテンハーロック』、『宇宙戦艦ヤマト』など多数の名作を創られた、松本零士先生とお話することができたのです。
 先生は我が社Valhalla Game Studiosにお越しになられ、社員達に激励の言葉を投げかけて下さいました。身に余る光栄とはまさにこのことです。そのときの模様を別記事にまとめましたので、ぜひご覧ください。
 なお諸所の事情により、ご来社から半年後の公開となりましたことをご了承下さい。

 さて、話は変わりますが、私が重度のミリタリーオタクであることをご存知の方も多いと思います。
 つい先ごろ、ロサンゼルス郊外のチノにある軍用機の殿堂、『プレーンズ・オブ・フェイム』に遊びに行ってきました。P51、SBDなどWWⅡで活躍した名機たち、今もなおフライアブルで保存されているこれらの戦闘機や爆撃機にいろいろと乗ってきました。
 これもまた私の夢のひとつだったのですが、実際にレシプロ戦闘機で空を飛んでみると、セスナとは違う高機動の小さな飛行機が、どんな風に空気を掴まえるのか等々、体感しないと分からないことがたくさんありました。チノのスタッフの方々には空中戦さながらのチェイスもやっていただき、朝から晩まで、興奮のまま終わった一日でした。
 ここに掲載した写真は、そのときの一葉です。

 巨匠からの教えや、本物に触れることでしか分からない真実。
 一つ一つの感動を盛り込んで、一級品の戦争ゲームを作り上げるつもりです。
 近々、対戦車砲も撃ちにいくつもりです。でも、社員からは危ないからやめてくれという声も上がっていて(苦笑)。人の好奇心というものは、どこまで行っても尽きることがありませんね。
 対戦車砲、早く撃ちに行きたいんですけどね・・・。さて、どうしたものか。

 

Valhalla Game Studios
 Chief Technical Officer
& Game Design Lead

板垣 伴信



写真: (C)板垣プロダクション  撮影: Ryuga Shinno.