Home > Company > CFO辻からのご挨拶

CFO辻からのご挨拶

CFO辻

 私はいつも考えます。「経営」とは、強い理念や目的を持つリーダーのもとに有志が集い、その理念と目的を達成するために、「相互扶助」すなわち持てる様々な力を最大限に結集し、互いを補い合いながら働くことであると。その意味で、リーダーも社員の一人ひとりもそれぞれ役目は違うけれど、同じ目的に向かう人生のパートナーなのです。

 しかし昨今、ともに働いてきた社員やパートナーが簡単に切り捨てられる、ということが多々見受けられるようになってきました。円高や株価低迷といった一時的な経済状況悪化に陥るなり、すわリストラ、となります。

 むろん経営とは厳しいものですが、このような経営者のための経営が、一部上場企業においてさえ散見されるのは、実に残念なことです。

 その一方で、未曽有の経済不況の中にあっても、皆がはつらつと働き、業績も安泰な会社がたくさん存在していると聞き及びます。
 これらの会社の共通点はどこにあるのでしょうか?
 それは、経営者や従業員だけでなく、協業する会社の関係者まで、集い働くすべての人々が、常にわくわくとした気持ちで仕事ができる、そうした「人々の輪」にこそあります。それぞれがパートナーとして相互扶助の精神を忘れず、ともに未来を見据えて、手を携えながら現状を打破し改善する。その結果として、業績を伸ばしているのです。

 ヴァルハラゲームスタジオは、お客様はもちろん、社員やその家族、関係するすべてのパートナーの幸せを最優先に考え、経営を行う会社です。
 この姿勢はエンターテインメントコンテンツを制作し、提供する会社の在り方として、決して忘れてはならないことです。制作する側の人間全員が、「楽しく」、「常にわくわくしていて」、「ハッピー」でいられなければ、ゲームを遊ぶお客様を「ハッピー」にすることなど出来るはずがありません。
 ヴァルハラゲームスタジオには、高い志を持ち、パートナーを大事にする「つわもの」が集まっています。皆の力を結集し、幸せな気持ちで物づくりを行うことで、お客様が満足するコンテンツを提供できると信じています。
 私の役目は、社員全員が幸せ感に満ち溢れ、心おきなく仕事に打ち込める環境を創ること。日々成長への努力を怠らないように切磋琢磨する、この強い集団の潤滑油のようなものだと考えています。

 ここが良き場である限り、皆様に大満足していただけるゲームを、次々と世に送り出すことができます。私たちの力が、多くの方々の喜びとなって実を結ぶように、邁進して参ります。
 今後ともヴァルハラゲームスタジオを宜しくお願いいたします。

2010年3月1日
辻 尚之

好きな言葉:

「青春とは心の若さである、信念と希望に溢れ、
 勇気にみちて、日々新たな活動を続ける限り、
 青春は「永遠に」その人のものである」

松下 幸之助

略歴

1952年8月28日 北海道小樽市で生まれる。
1971年3月 大阪PL学園高等学校卒業(16期)。
1975年3月 神奈川大学貿易学科卒業。
1977年4月 宮木公認会計士事務所入社。
1980年2月 税理士登録 辻税理士事務所開業。
1985年2月 株式会社ハドソン入社。
1988年3月 取締役開発本部長就任。
1990年8月 米国及び欧州ハドソンソフト社長就任。
1991年3月 NEC米国合弁会社TTI社長就任。
1994年4月 取締役営業推進本部長就任。
1998年3月 常務取締役管理本部長CFO就任。
2000年3月 専務取締役CFO就任。
2004年12月 米国ハドソンエンターテインメントCFO就任。
2006年7月 株式会社ハドソンを退社し現在に至る。

過去の主なプロデュース業務

・ハドソン管理部創設
・ハドソンゲーム開発本部創設
・北海道鉄道文化協議会運行本部長
・米国ターボグラフィックスCD事業立上
・ハドソン上場責任者
・米国ハドソンエンターテインメント事業立上

写真: (C)板垣プロダクション  撮影: Ryuga Shinno